みずメモ! HSPで在宅ワーカーな主婦のブログ

30代主婦・子ども2人。完全なるHSP(highly sensitive person)。仕事はSEOライター兼自信のないWEBディレクター。自然派になりたい中途半端ママ。子育てやHSPのことを中心に、おすすめグッズ・本のレビューまであらゆるお役立ち情報を発信していきたいと思います!

子供のアトピーは良くなったのに!アトピー治療記①

こんにちは★

実は私、アトピーです。発症したのは0歳。小学生の終わりには重症化して入院したこともありました。中学生の頃にさくらクリニックという病院に出会って水溶性のステロイド剤で劇的に良くなり、その後は軽く症状が出ても薬ですぐに治まるので、すっかり自分はアトピーだという自覚をなくしていました。

しかし一昨年のこと。息子を産んでから、私のアトピーは急激に悪化。しかも、薬使っても治らない。痒みは辛いしあちこち傷だらけ。やばいと思いました。

しかも、息子も生まれてすぐに怪しげなカサカサ肌(-_-)
数か月後には首の後ろに掻き傷を作るようになってしまいました。息子も薬を使って治まって、しばらくして薬をやめるとまた再発。夏にはあせものような症状がドッと出ました。私も一向によくならず「これはもう、薬に頼ってたらダメだわ」とようやく悟りました。

ネットで色々本を買った中で、一番これだ!と思ったのが
アトピーなんか飛んでいけ!の会」でした。

f:id:mizu-nyan:20180224141101j:plain

出典:Amazon

 食事改善のマニュアル本で、Amazonで買えます。ランキング1位だったかな?とにかく上位にありました。

本当にざっくり説明すると、食べ過ぎによって過剰な栄養が皮膚に溢れてしまったのがアトピーだということ。どんな栄養素を摂りすぎるとどんな症状が出て、どのような食生活をすれば良いかが書かれています。著者の方は、この食事によるアトピー改善が「標準治療」となり、医療機関で適切な指導が受けられることを目指して奮闘しておられます。

で、ですね。結論から言うと、息子良くなる。ツルツルやないか。って感じです。

ここで説明しきれるものではないので、気になる方は本を買って(安いし)しっかり読んでいただきたいのですが、ざっくりどんな食生活にしているかというと

・動物性脂肪(乳製品や肉)は極力食べない
・穀類:野菜:タンパク質の比率は5:3:1
・質の良い油を適量摂る
・白砂糖は極力摂らない

などです。あと、基礎代謝を上げるために運動も大事。

やっぱり小さいうちに食生活を修正すると効果も早いようで。これなら満足かな、という肌質になるまでは半年くらいかかりましたが非常に良好です。息子は。

そう、私のほうがダメなんです!!!

去年この本を買って、主に私と息子を中心に夏前から本格的に実施。実はというと、私はそれから数ヵ月でケロッとよくなったのです。それからしばらくは気をつけていましたが、徐々に油断し、

・食べ過ぎ
・お菓子の誘惑に負ける
・仕事で長時間まったく動かず運動不足
・しょっちゅう胃痛が発生するようなストレスを抱える

という生活を続けていたからか、1月あたりからひじの内側・ひざの裏側に症状が出始め、転げ落ちるように悪化(T_T)や、こう書くと悪化する要素100%ですね。

ともかく今は全身傷だらけ―の悲しいありさまです。

そして3週間前ほど前から、再度食生活を整え始めました。こんな辛い思いをするなら甘いものとは完全に縁を切る!という強い決意でいます。

肉や乳製品にはもともとそれほど執着なかったので、敵はお菓子と食べ過ぎ。お酒もちょっとは飲みたいけど、良くなれば適量は平気なわけだし今は我慢。

そしてつい先日から、食生活の改善だけじゃやっぱりダメだと思い、運動も。毎日必ずできる運動がよかったので、朝保育園に子供を送ったあとに仕事場までの3.5㎞ほどを早足で歩くことにしました。

痒みと傷の痛みとそれに伴う気分の落ち込みがキツかったので前出の水溶性ステロイドも少し使いながら、徐々に、徐々にマシになっているような気がします・・・。

よし!ぜったいに良くなる!!頑張るぞ!!

息子の経過も含め、アトピー治療記としてときどきレポートしていきたいと思います。